2014年04月25日

とよく訊かれる


渋滞の高速道から撮った景色。稲が少し黄金色になってきていた。

春頃から通っていた朗読の講座10回が終わり、秋からは本格的に教室に参加することにしたのだが、それについての案内状が送られてきた。
少し間があいてしまったのでちょっとだけ熱が冷めて、本当に続けて通えるのかなと心配だけど、始まればきっと楽しさを思い出すだろう。

朗読をやるというと「ボランティアをするの?」渋滞の高速道から撮った景色。稲が少し黄金色になってきていた。

春頃から通っていた朗読の講座10回が終わり、秋からは本格的に教室に参加することにしたのだが、それについての案内状が送られてきた。
少し間があいてしまったのでちょっとだけ熱が冷めて、本当に続けて通えるのかなと心配だけど、始まればきっと楽しさを思い出すだろう。

朗読をやるというと「ボランティアをするの?」とよく訊かれる。
実際、今までボランティアで朗読をしてきたけれど、ちゃんと習ったことがないからと講座に参加していた人も何人かいらした。
とはいえ、その教室というか団体自体はボランティア活動を目的にはしていない。ただ、いつか私自身がどこかでボランティアをしたいと思った時には、学んだことが活かせるだろう。
そういえば、父は何年か前までバンドを組んでベースを弾き、老人ホームで歌のボランティアをしていたのだ。楽器も、そういう時に役に立つこともある。

もう、何をするにも性格的に大それた目標は掲げられないけれど、いつか誰かに笑顔で拍手をしてもらいたい。楽しかったありがとうと言ってもらいたい。その為にはなにより、自分自身が精進しているっていう自信が持てないとね。がんばろ。。
実際、今までボランティアで朗読をしてきたけれど、ちゃんと習ったことがないからと講座に参加していた人も何人かいらした。
とはいえ、その教室というか団体自体はボランティア活動を目的にはしていない。ただ、いつか私自身がどこかでボランティアをしたいと思った時には、学んだことが活かせるだろう。
そういえば、父は何年か前までバンドを組んでベースを弾き、老人ホームで歌のボランティアをしていたのだ。楽器も、そういう時に役に立つこともある。

もう、何をするにも性格的に大それた目標は掲げられないけれど、いつか誰かに笑顔で拍手をしてもらいたい。楽しかったありがとうと言ってもらいたい。その為にはなにより、自分自身が精進しているっていう自信が持てないとね。がんばろ。  


Posted by guiei at 12:31Comments(0)ぬねぬに

2014年04月25日

私が異邦人な


泳がないので遊泳禁止の方の砂浜近くに車を停め、後ろの荷物入れのところを開けて腰掛けた。海なんか暑いだけじゃんと思いきや、風が気持ちよくていつまでも遠くを眺めていられそうだった。

焼きそばか何か買って来て食べたかったけれど薑黃素膠囊、海の家ってそこに場所取って食べないといけないの?なんだかそんな雰囲気だったから諦めた。サーフィンや泳ぎに来ている水着姿の人達は、別の国から来た人のように違う空気をまとっている。いや、普通の服を着て靴を履いている私が異邦人なのか。

海岸沿いを走ればたくさんの民宿があって、水着で歩いている人もいるし Interactive LED、合宿に来ているような人達も見かけた。みんな真っ黒だ。浮き輪が干してあったり布団が干してあったりするのを見ているうちに、足の裏に乾いた砂がざらっとする感じを思い出す。子供の頃はよく海水浴に連れてきてもらったのだよなあと、懐かしく思いながら通り過ぎた。

せっせとゴミを拾っているスタッフを見かけたのでそのおかげなのか otterbox review、砂浜はとてもとても綺麗だった。見直したぜ九十九里浜。

  


Posted by guiei at 12:28Comments(0)ぬねぬに